トピックス

ホーム → トピックス

モーターサイクルロードレース

義足で挑戦!
「必ず復帰してやる」 すべてはこの強い意志より始まった。

平成19年6月9日・10日 鈴鹿ST600 20Lapsロードレースで、復活を遂げた一人のレーサーがいる。
中井貴之さん(39歳)である。

中井さんは、数々の選手権で勝利を収めた名ライダーである。
悲劇は、2002年8月に起きた。もてぎオープン7時間耐久ロードレース(通称:もて耐)での出来事だった。予選3位からスタートした中井さんは、1周目より一度もトップを譲ることなく走行。しかし、4時間半過ぎにマシントラブルが発生。スロー走行となった直後に後続車の追突を受け、転倒し負傷。その事故から3ヶ月後に左足の膝から下を切断し、義足となる。

レース用義足 バイクに乗る時の体勢に
合わせ、足首を鋭角に曲げた
レース用義足
中井さんを紹介した新聞記事
毎日新聞
平成19年6月8日夕刊より

中井さんは、再びサーキットに戻る決意をし、切断後、初めて臨んだのが今回のレースだった。 このレースの為に、特別に用意されたのが、右足でギアを操作する特殊なバイクと特別に組み立てられた義足である。

今までのレースでは、常にトップを走っていた中井さん。本番直前の6月7日、久々に鈴鹿のフルコースを走るなど、わずかしかなかった練習時間にもかかわらず、予選100強人中20位と好タイムを出し本戦へ進み、復帰を強烈にアピールした。

『決して立ち止まらず、楽しみながら前に向かって進み続ける』

この言葉を胸に、中井さんの復帰第2戦は、7月28日。鈴鹿4時間耐久レースST600に参戦する。

中井さん所属:F.C.C.TSR ピットインした中井さん

ページの上へ

中井 貴之さんプロフィール (Nakai TAKASHI)
生年月日 1968年4月2日
出身地 京都府
主な戦績 1995年 2年連続鈴鹿GP80クラスチャンピオン
鈴鹿NK4参戦 NK4時間耐久:9位 鈴鹿SP400参戦
2000年 世界選手権日本GP併催スーパーバイク6位
鈴鹿4時間耐久 ポールポジション
鈴鹿SP400 シリーズチャンピオン
2001年 鈴鹿SP 2時間耐久優勝
もてぎオープン7時間耐久ロードレース(もて耐)優勝 (この時、TSRは4連覇)
2002年 鈴鹿SP OPEN 4時間耐久優勝
もてぎオープン7時間耐久ロードレース(もて耐)
予選3位から好スタート。1周目よりトップをキープしたが、マシントラブルが発生。負傷。
2007年 義足にて復帰を果たす
鈴鹿ST600 20Laps ロードレース参戦
予選20位 決勝58位
鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦
予選28位 決勝47位
2008年 鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦
決勝45位
MiniMoto 4耐参戦
2009年 鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦
予選クラス7位 決勝27位
もてぎオープン7時間耐久ロードレース参戦
決勝9位
SUGOオープン6時間耐久レース
決勝2位
MiniMoto 4耐参戦
中井 貴之さん 2010年の活動予定
7月24日 鈴鹿4時間耐久ロードレース
8月22日 2010エンデュランス・カーニバル
もてぎオープン7時間耐久ロードレース“もて耐”
9月26日 2010エンデュランス・カーニバル
もてぎマスターズ7時間耐久ロードレース“もて耐”
10月 SUGO3時/6時間耐久ロードレース

ページの上へ